記事一覧

消費者金融トップ・武富士(消費者金融系)とめざすのはCS経営・アコム(消費者金融系)

インパクトのあるテレビCMで有名な武富士は、消費者金融のリーディングカンパニーだ。全国各地の駅前など利便性の高い好既地に店舗を配置するほか、自動車来店が町能な郊外型店舗等も積極的に展開している。全店舗に無人契約機とATM(現全自動頂払機)を設置し、消費昔が、いつでも、どこでも融資が受けられるような体制を整えている。また、クレジットカードも発行しており、問業医、ホテル、ペンション、米屋、クリーニング店、タクシー会社といった生活に密着した企業をはじめとする加盟店の獲得も行なっている。

さらに、自社発行カードである「TAKE BIGSEVEN MasterCard」の会員を対象に、会員が所有している携帯電話と加盟店端末問の赤外線通信を利用して、カードを提示することなくショッピングを可能にする、日本初のクレジット決済サービスも実用化させている。なお、2003年12月にジャーナリスト宅などへの盗聴容疑により創業者である元会長が逮捕されるという事件が起こり、今後が気になるところだ。

「初めてのアコム」のテレビCMでお馴染みのアコムは、武富士と並ぶ消費者金融のリーディングカンパニーである。主な事業は、消費者金融、クレジットカード、信販などであるが、海外(タイ・台湾)でのクレジット事業もスタートさせている。国内では、クレジットカードの国際ブランドであるMastercard Internationalの発行ライセンスを獲得し、「アコムMasterCard」を発行している。

また、2001年には、北海道銀行など金融機関との個人ローン保証業務提携やサービサー事業(債権管理回収業)へも進出し、さらには東京三菱銀行などとの合弁による小口消費者金融専門会社の東京三菱キャッシュワンを設立している。「信頼の輪を広げる」という精神のもと、同社の基本理念である「お客様第一主義」に徹し、いち早くCS(顧客満足)経営にも着手している。お金という、それ自体には何の差もない商品に、いかに満足という付加価値がつけられるか。それこそが、同社が企業価値を高めていくための今後の課題である。