記事一覧

クレジット市場全体を狙う・アイフル(消費者金融系)とプロミス(消費者金融系)

アイフルは、「社会より支持を得る」という経営理念を掲げ、消費者金融業務を中心に、信販事業、クレジットカード事業へと、その事業分野を拡大している。中小の消費者金融会社や大手信販会社ライフなどの買収を立て続けに行ない、グループカの強化を図っている。それは、金融業界再編のなかにあって、同社が9兆円市場である消費者金融のマーケットにとどまるのではなく、74兆円のクレジット市場全体をターゲットとして、周辺ビジネスへの進出強化を図ってきたということを示している。

その背景には、消費者金融業界が抱える大きな課題でもある、新規融資額の伸び悩み、貸倒れ償却額の増加、貸出金利の低下などがある。さらなる新規マーケット開発のために、住友信託銀行やあおぞら銀行との合弁企業の設立、ライフやビジネスローン会社シティズなどの買収、りそな銀行をはじめとする金融機関が提供する個人向け無担保ローン分野での提携、クレジットカードの国際ブランドであるMastercard Internationalとの提携など、いっそうの経営基盤の拡充強化を図っている。

プロミスは、庶民金融の理想を追求するという創業精神のもとに事業展開を行なっている消費者金融会社だ。入会金、年会費無料のパル・メンバーズ・サービスが利用できる「パル・カード」の開発、24時間電話相談サービスが可能なパルコールの導入など、顧客の利便性を第一に考えた商品やサービスの開発で、選ばれるブランドへの飛躍をめざしている。そして、顧客の一人ひとりに財務面でのアドバイスやサポートを提供する「パーソナル・メインバンク」という企業ビジョンを掲げている。

簡単にいえば「いつでも」「どこでも」提供できるサービスの利便性と、過剰債務の防止をはじめ顧客にマッチした返済方法をアドバイスするサポートシステムなどを提供することで、顧客との信頼関係をより強固にしていくことである。たとえば、東京・大阪のプロミスコールセンターでは、担当者がその場でありとあらゆる相談に対応できるような「ワンストップコール」体制を整えている。さらには、セカンドブランドとしての消費者金融子会社ふらっと、サンライフ、モビットなどを通じて、新規顧客の獲得と、消費者ニーズに対応させたローン商品を提供している。